バイオマス発電事業進捗説明会の議事内容公開


ここからの記事を読む為に約 4 分の時間が必要

昨日に引き続き

バイオマス発電事業の説明会議事内容

を公開します。

本日は、埼玉県狭山発電所における

現況と今後についてです。

〇埼玉県狭山市が候補に上がった理由は?

→20Ⅿの許容量があることは、
東京電力パワーグリッドの系統情報 託送・サービス
の狭山市(変電所エリア番号118)
にて確認済であり、電力会社からも
2Ⅿの割り当てが可能であると回答書を頂いている。

〇埼玉県狭山発電所における設備認定の申請はこれからか?

→狭山市の土地については、賃貸契約を締結し
設備認定も、すでに申請済である。証拠として申請書控えもある。

〇東電との需給契約に向けての事前協議は?

→すでに同時進行で進めており申請書類もある。

〇発電所が変更になることで燃料調達コストはアップしないのか?

→商社との契約は、発電所のタンクに給油するまでの価格で設定している
問題ない。商社からも理解は得ている。

〇設備認定でまた、1年なんてことにはならないのか?

→電力会社との事前協議や回答書もいただいている。
前回の実績もあるため、確実に3か月以内にでる。

〇また、東電との協議で時間を要することにはならないのか?

→同じ東電であり、担当窓口は同じである。再度協議することにはならない
神栖にある仕様に従い変電所を増強することで
確実に発電所運用開始に漕ぎつけるつもり。

〇埼玉県狭山発電所の運用開始時期は?

→設備認定に3カ月、連系申請~連系工事完了で9か月
計12か月を予定している。
来年の10月には運用を開始できる目算である。

結果としては、1期募集組も

2期、3期募集組も

同じくらいの時期に同時に運用が開始されることになりそうですね。

とにかく、良い情報をブログにアップできるように願っています。

年内おそくとも年明けには東京の説明会に参加して

この目で実際に東電からの回答書含めて確認してきますね。

と言いますか、東京圏にお住まいの方

私の替わりにバイオマス説明会に参加して

エビデンス見てきて、私に情報下さい!

よろしくです。

ここからの記事を読む為に約 14 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。