確定申告の計算しました。


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

それでは、不動産を購入しない場合のラブ☆スカイの

確定申告内容をシュミレーションしてみましょう!

所得税青色申告決算書を作成するのですが、

不動産所得における課税所得を確定しなければいけません。

課税所得は、損益計算書によって決められます。

不動産所得金額=①不動産収入-(②必要経費+③専従者給与+④青色申告特別控除)

となります。

必要経費とは、

租税公課+損害保険料+修繕費+減価償却費+借入金利子+管理費+支払手数料+その他経費

を合計したものです。

それでは条件を個別計算します。

〇不動産収入

1棟目:475万

2棟目:476万

3棟目:540万

合計:1491万

〇租税公課(固定資産税+都市計画税)

1棟目:32万

2棟目:31万

3棟目:36万

合計:99万

〇損害保険料(火災保険料)

1棟目:4.5万

2棟目:4.8万

3棟目:5.1万

合計:14.4万

〇修繕費(毎月の積立修繕費2,000円/戸・月)

1棟目:19.2万(2,000円×8戸×12ヶ月)

2棟目:19.2万

3棟目:19.2万

合計:57.6万

〇減価償却費

償却率は、

木造=0.046

設備=0.067 なので、

・1棟目 建物:2900万

 木造:2300万 耐用年数22年

 設備:600万  耐用年数15年

・2棟目 建物:3000万

 木造:2400万 耐用年数22年

 設備:600万  耐用年数15年

・3棟目 建物:4600万

 木造:3700万 耐用年数22年

 設備:900万  耐用年数15年

となり、

計算式

償却費=基礎金額(木造)×0.046+基礎金額(設備)×0.067

を採用すると・・・

1棟目償却費:146万

2棟目償却費:151万

3棟目償却費:231万

合計=528万

〇借入金利子

1棟目:132万 (金利2.6%)

2棟目: 75万 (金利1.4%)

3棟目:158万 (金利2.5%)

合計:365万

〇管理費

1棟目:66万

2棟目:66万

3棟目:48万

合計:180万

〇支払手数料

合計:18万

〇その他経費(掃除代・税理士への報酬等)

1棟目:6万

2棟目:6万

3棟目:8万

他:7万

合計:27万

〇専従者給与

合計:34万

〇青色申告特別控除

合計:65万

となります。

それでは、計算してみましょう!!

じゃかじゃかじゃかじゃかじゃん!

不動産所得=1491-(99+14.4+57.6+528+365+180+18+27+34+65)

となりますので、

不動産所得=103万

となります。

ラブ☆スカイ家の場合、課税所得の合計が695万以下となるので

所得税率20%

住民税率10%

となりますので、

合計30%が税金となります。

よって、34万円を支払う事になるのです。

この34万円すらもったいないので、

毎年アパートを購入出来るように努力しているのです。

アパートを購入できない年は、

自動車を購入したり、まとめて修繕したりすれば、

節税に繋げれると思います。

税金については、いくらでも本に書いてあるので

アパート経営を考えておられる方はしっかり勉強してください!

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む