バイオマス発電3期募集は8月25日をもって終了か?


ここからの記事を読む為に約 6 分の時間が必要

昨夜、みらいクリエイトの営業さんに

バイオマス発電の進捗状況について

確認電話しました。

情報としては、ご存知の方もいらっしゃるでしょうが

バイオマス発電の連系負担金額の決定と

連系工事時期の東電の回答時期について

日程が決まっているのか確認しました。

営業さんのお話だと、

来月、8月25日が東京電力からバイオ発電さんへの

回答期限のようです。

工程としては

工事負担金額が確定し通知書発行(東電)→負担金の入金(事業者)→連系工事(東電)→売電開始

となるのですが、

8月25日に

まずは、第1段階として、

工事負担金額が確定することになります。

おそらく事業者の方は、即日入金するでしょうから、

あとは、連系工事の時期だけですね。

基本的に、工事負担金額が確定するまでが時間がかかりますが

入金したら、連系工事は早いと思います。

まあ、太陽光発電所の場合ですがね。

バイオマス発電所も同じでしょう。

いやー8月25日待ち遠しいですね。

ビッグトゥモロウも同日発売ですし、

良いニュースばかりですね。

さて、バイオ発電については

新規で購入を希望する方にとっては

良くないニュースもあります。

現在、第1期、第2期、第3期の

業賛同者(既存客)の中には、

リスクヘッジのために、自己資金の

一部のみ契約した方が多くいらっしゃるようです。

売電開始時期が確定したら

追加契約したい方は200名以上いるとのことで、

バイオ電力さんとは、暗黙の約束として

事業が確実に運用が開始され、リスクが排除されたら

優先的に既存客さんが追加契約できるとのことです。

わたしも、そのように聞いています。

既存客さんからの状況確認の電話連絡が

かなり多いらしいですよ。まあ、わたしもそのうちの一人ですが!

さて、今回営業さんに

8月25日以降について今分かる範囲で

募集スケジュールを聞いたところ、

事業主さんの方も

8月25日に東電からの回答が出たら

既存客の追加申し込みが殺到することは

想定しているようです。

おそらく、そのような状態になれば

新規の募集は8月25日で終了して、

既存客のみで第3期発電所は埋まるだろうとのことです。

第4期以降は新規の募集を再開するかどうかは

確定ではないが

第1期発電所が稼動していれば

募集は殺到するとのことで

利回りは太陽光発電事業より少し高い

10%程度で販売しようと考えているとのことです。

まあ、私からしたら10%なら

不動産投資の頭金にしたほうがメリットがあるような気がします・・・。

14%の高利回りで1口108万円から事業に参加できる

投資案件もあと、1ヶ月です。

もし興味があるようなら

問い合わせしてみましょうね。

↓バイオマス発電事業へのよくある質問内容がみらいクリエイトさん

のホームページに記載されていたのでアップします。

参考にしてください。

 

071710

まあ、ずいぶん分かりやすく作成されているし、

ある程度は納得できるんじゃないでしょうか?

ソフトバンクエナジーや自治体も計画している

パーム油液体バイオマス発電事業は

1年前に比べたら、ずいぶんリスクは減少していると

思いますし、手を出しやすい投資案件だと思います!

でわ!

ここからの記事を読む為に約 13 分の時間が必要

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

⇒続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。