7棟目新築アパートの土地の契約を完了させました!まずは1330万円融資実行です。


この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

7月31日土壇場で7棟目アパートの融資を実行してもらいました。

といっても、今回の契約は土地の分だけとなります。

通常は

12月オープン予定ですのでアパート建設完了後

オープン直前に契約・融資実行となるのですが

今回は、まずは土地の売買契約・所有者移転

金消契約・融資実行となります。

なぜ土地だけ先行して契約したのかは

理由があるのですが今度ゆっくりお話ししましょう

さて、

土地決済の内訳ですが、以下のようになります。

土地12,800,000円

固定資産税54,303円

登記費用469,100円

合計:13,323,403円

当初融資額は土地分は1,280万円の予定でしたが

銀行から固定資産税分と登記費用も

含めて融資しましょうか?と提案されたので

なんと1,330万円の融資をして頂くことになりました

これで、自己資金はガッツリ減ることになります。

今回の土地決済では

端数の23,403円

手数料55,000円

印紙代4,000円

利息71,965円

合計154,368円・・・・わずか自己資金15万円足らず~

でした。

三和エステートさんが裏から担当に私の意向

(1円でも自己資金を減らしてレバレッジを最大化したい)

を伝えて頂けたことが大きかったですね。

↓銀行の応接室にて調印式です。

いっぱい契約にサインしまくりました。

今回必要な書類と持参品は

1.実印(もちろん契約ですからね)

2.銀行印(入金および引き落とし処理をするため)

3.通帳(もちろん)

4.免許証(パスポートでも可能です)

5.印鑑証明三通

6.住民票二通(全世帯分ですから要注意!!)

7.国税納税証明書(個人その3の2)

8.県税納税証明書

9.市税納税証明書(滞納が無い証明でも可能)

わずかこれだけとなります!

面倒なのは納税証明書を集めることくらいですね。

今回は土地の決済だけなので

アパート完成後は建物本体の融資実行を

11月末から12月行うため、ただいま全力で建設して頂いています。

アパート購入は簡単です。もうなれてしまっている自分が怖い・・・

銀行の担当者もおっしゃってましたが

なんと、7月時点でアパート新築の契約は

私が1号とのことです。コロナの影響でアパートを

購入しようとする勢いが無くなってしまったんでしょうか?

私の場合、コロナの影響のおかげで最高の物件が

安ーく転がり込んできたし、融資も超前向きに実行して頂けたので

本当にラッキーでした。

私が不動産投資をはじめたキッカケは

リーマンショックによる大不景気に乗じたのですが

今回は

コロナショックに乗っかった形になります

今年は1棟ゲットできましたので

来年は8月頃までにもう一棟契約するつもりで活動しています。

不景気になったら不動産投資!!これ鉄則ですね。

でわ!