新築アパートの内装決定!三和エステートの最新のモデルです。毎月10万円のキャッシュフローだぜ~


この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

typeZIO

三和エステートの物件商品のプランコンセプトは

「家賃をサイエンスする」

というテーマにしています。

この言葉だけではよく分りませんね。

要は設備仕様や間取りへの徹底的なこだわりと

総合不動産会社を自負する三和エステート

独自のマーケティングを徹底的に練りまくって

生み出した商品だと言うことです。

このマーケティングを強みに、

物件の本当の価値を査定して

高い入居率を維持しているのです。

そして、今回ラブスカイが購入する

物件は、三和エステートの主力商品である『 typeZIO (ジオ)』

となります!

2009年1月に

三和エステートの管理物件入居中の20代~30代

約1,000人を対象に匿名アンケートをとり

結果をまとめ上げた要望の塊となる物件です。

具体的には引越しを決意する時のきっかけで

1番多かったのは、

結婚・就職・転勤などの「生活スタイルの変化の時」

とのことです。これはしょうがないですね。ねいですね

物件を頑張っても結婚や転勤は変更できないもんね

さて、大事なのは2番目に多かった要望となります。

「物が増え、荷物が入らなくなった時」

という理由のようです。

なるほど、生活が長ければ長いほど

保有家財は増えますからね。

20代女性からの御要望として多かったのが、

「ロフトスペース」に関する内容で、ロフトの昇り降りの手段、

ロフトとリビングとの一体感、

ロフトの収納力に対しての要望ですって。

また、若い世代だけに特筆すべき要望は

騒音に関する意見。

特に女性からですが1階セキュリティ面に対する不安も複数あるようです。

その様な意見を踏まえ、三和エステート賃貸仲介専門店

ブレインズの約9,500室の賃貸物件を管理する賃貸管理スタッフ、

企画・建築スタッフ・売買営業スタッフにて協議に協議を重ね、

産声を上げたのが

すでに販売後改善されつつ9年以上販売され続けている

typeZIo となるのです。

ラブスカイも三和エステートの集大成である

zioはお気に入りです。

いやー楽しみです。

もちろん

zio以外にもレパートリーはあります。

2LDKの間取りで3LDKの生活空間を体感できる

『typeDUO (デュオ)』や、

天井高約4メートルの圧倒的な開放感で、

扉を開けるとまるでドラマのような

空間が広がる『typeSORA (ソ ラ)』

そして、空間利用の『typeHAUS (ハウス)』

今後も成長続ける三和エステート

間違いなく、優れたアパート販売業者です。

新築アパートするなら

三和エステートやシノケン

この2社以外の

物件を購入された方は

絶対失敗すること間違い無しです。

三和やシノケン以外の物件を保有してしまったら

今すぐ売却するか

管理会社を上記2社に違約金を払ってでも

変更しましょう

人生をかけた投資で失敗したくないもんね。

でわ!