ゼロ円太陽光経営「ほっとでんき」の契約条件について


この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

現在わたしの保有物件の内

屋根防護および売電収入を目的として

太陽光発電所を設置していない物件が

1棟あります。

築10年を超える中古物件ですので

自己負担で太陽光発電所を設置するには

ちょっとリスクが大きいと思い

設置せずに今日に至ります。

そんな中わたしのサニックスの担当者に紹介された

「ゼロ円太陽光発電所オーナー」に申し込みました。

さて、そんなゼロ円太陽光システム設置スキームですが、

誰でも契約できるわけではありません。

もちろん条件があります。

今日は

サニックスが販売代理店を務める

ゼロ円太陽光発電所「ほっとでんき」

の契約条件に付いてみていきます。

〇物件について

対象物件は、「個人住宅」要はマイホームです。

これは、対象者は多いでしょうね。

さらに、保有賃貸住宅=アパートもokです。

対象外となるのは、「賃貸マンション」です。

〇オーナーの属性

通常太陽光発電所を設置するには、設置オーナーの

属性が大事です。そりゃそうですよね、ローン組まないといけませんからね。

しかし、この「ほっとでんき」ゼロ円太陽光発電所は

業者が太陽光発電所を業者の負担で設置してくれますので

なんと、属性に縛りはありません。

不動産のオーナーであれば誰でも構いません。

個人でも、法人でも、男性でも、女性でもね。

〇築年数

通常、不動産に太陽光発電所を設置する場合、

築年数は、10年程度が限界です。

しかし、この「ほっとでんき」は、築20年未満

であればあっさり申請できます。

しかし、築20年以上でもあきらめる必要はありません。

個別の判断で認定される事があるようです。

築30年の物件でも一度問い合わせることも大事です。

〇契約者の年齢制限

契約者の属性にも繋がりますが、

年齢制限はあるようです。

それは、「60歳」です。

まあ、60歳年齢制限であれば

殆どの希望者の願いは叶うでしょうね。

でもあきらめる必要はありませんよ。

60歳以上でも、物件が十分に対象を満たしていれば

あっさり申請が通るようです。

年齢についても一度問い合わせてみましょう。

〇物件の階層

高層ビルの屋上は対象外のようです。

理由は、業者の負担で業者が太陽光発電所を提供するわけです。

屋根面積が同じなら、

2階建ての物件も10階建ての物件も

発電料は同じですよね、そりゃ~外周足場の階層が

低くコストが抑えられる低階層物件の方が

申請が通りますよね。

と言うことで、

階層制限は「2階建て」までとのことです。

しかし、物件の状態によっては、「3階建て」

まで対応してくれるようです。

希望を持って問い合わせてみましょう。

〇屋根面積

これも、費用対効果を考えれば

あまり狭ければ設置は厳しいでしょうね。

34m2以上が対象のようです。

5m✕7mの物件ですので、ほとんどのマイホームが対象となるでしょうね。

総二階の物件なら間違いないでしょう。

↓これが一覧表です。

結局、殆どの物件が対象であることが分ります。

すでにオール電化を申し込まれている方は、

すでに安い電気代となっていますので利益は小さいように思えるでしょうが、

契約満了後、無償で太陽光発電所が手に入るので

ゼロ円太陽光が目的であれば

契約する価値は大いにあります。

事前シミュレーションで利益が出なければ

業者も無理強いはしませんので

安心して申し込みできますよ~

事業主体は、「東京電力」

パネル設置は「サニックス」ですからね。

サニックスを通すと、多少契約条件を

満たしていなくても、無理矢理通してくれますので

絶対希望の場合は、問合せください。

でわ