地震保険請求の悪徳詐欺業者の手口を公開します!「保険金を利用してリフォーム」業者は絶対に利用してはいけません。


この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

悪徳業者による実害とは!?

・高額な手数料が請求される!

・虚偽申請により、申請依頼者が罪に問われる事がある!

・ コンサル料の名目で高額の手数料を請求 される!

・ キャンセル料の名目で高額の手数料を請求

キャンセル料を設定している段階で悪徳業者です。

ちなみに一般的な悪徳業者のキャンセル料は、地震保険請求額の

なんと、50%です。キャンセル料を設定している業者とは絶対に

契約しないこと。

・契約書が無い!

基本的に、保険請求業者とは契約を交わします。

しっかりした契約書で無くても構いません

注文書・請け書でもよいですし、保険請求代理申請委任状でも

構いません。何らかの契約を交わしましょう。

契約書が無い業者は信じないようにしましょう。

悪徳業者は、契約書に小さく悪ーい事を

記載していますのでしっかり内容を確認しましょうね。

・わざと物件を壊し、被害を偽装する業者!

事前調査時に、屋根の瓦を壊してみたり、基礎をハンマーで

叩いて被害を偽装してまで申請する業者がいます。

・保険が下りないのに保険が認定されるとウソをつき、

リフォーム工事を実施してしまうパターン!

そもそも、「地震保険をリフォームに当てます」系の

業者は、100%悪徳詐欺業者です。

そんな業者の殆どは、訪問ピンポン営業してきます。

気をつけてくださいね。

悪徳業者の見抜き方

・契約書を交わさない業者

・保険金入金先が保険請求代行業者の場合

(請求主本人の口座に入金されるようにするのがただしい、

悪徳業者は全て持ち逃げしてしまうかもしれません。)

・公的機関を装っているのが悪徳業者

(公的機関は保険請求代行はしません。)

・保険金請求により、物件修理を提案する業者

(ほぼ100%悪徳詐欺業者です。)

例えば、地震保険に2000万円加入している場合

お見舞い金5%で100万円が入金されます。

保険金は100万円ですが、屋根工事費が130万円

と請求し、追加で30万円請求してきます。

お客さんは地震保険のおかげで130万円かかる屋根工事が

30万円で住んでラッキーと思いますが、

実際の屋根工事費用は、80万円程度であることが殆どです。

悪徳業者は、130万円-80万円=50万円の

利益を得る事ができます。

リフォームと保険請求は絶対に切り離しましょう。

まずは保険金を請求し、保険金額を確定させます。

その保険金を用いて、あらためて

リフォーム業者を3社は問い合わせて、

相見積もりをとり、しっかり適正価格を調べましょう。

また、リフォームは、地元に根ざした会社または

全国規模の大手に任せましょう。

訪問工務店なんかに任せてはいけません。

間違いなく悪徳です。

まあ、とにかく、

一番手っ取り早い悪徳業者の見分け方は、

保険金の入金を請求主にしているか?

または、請求代行管理会社にしているか?

で判断できます。

文句を言ったら、保険請求者に入金先を慌てて替えるような

業者には絶対係わらないようにしましょうね。

でわ