総額420万円の地震保険金申請代行業務手数料の請求書が届きました!激安です!!


この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

先日、地震保険金請求先の

保険会社から、私の携帯電話に

連絡ありました。

「お送りした、保険金請求書にサインの上

郵送で返送してほしい」と

言われました!

さっそく、本日サインおよび、押印の上で

返送しました!

これで、2週間後に入金されるとのことです。

ある保険会社さんは、現在台風被害等でかなりの

請求があるため、業務が重なり

入金が遅れる可能性もあるとおっしゃっていました。

それでも、1月は掛からないとのことです!

ホッとしました。

来年3月には、保険制度の改定で、大幅に

保険請求が認められる可能性が縮小すると言われている

現状ですので、7棟の内、6棟の保険金「」として

見舞金が認定されたことはとてもうれしかったですね。

と、言うことで保険金請求業務の実況中継は

まもなく完了となります。・・・いやいや

まだ大事な事が終わっておりませんね。

そうです。

保険金請求業者様に

手数料

を支払わないといけませんよね~

保険会社から電話および入金請求書を頂いた事を受けて

先週土曜日、保険金請求業者さんから請求書が届きました!

さて

どのような形で請求書が届き、どんな感じで入金処理するのか

私の事例を紹介しますね。

↓これが、保険金請求業者さんからの手数料請求書です。

手数料項目は、「保険申請代行業務手数料」と言うようです。

見舞金88万円✕35%=308000円とのことです。

↓次も見てみましょう。

見舞金65万円✕35%=227500円とのことです。

安いもんですね。

↓ 見舞金512500円✕32%=164000円とのことです。

↓ 見舞金5669000円✕35%=234150円とのことです。

↓ 見舞金45万円✕32%=144000円とのことです。

↓ 見舞金1032500円✕35%=361375円とのことです。

と言うことで、

見舞金総額:4,194,000円

に対して、

手数料:1,439,025円

となり、

実質ラブ☆スカイの実入り金額は

4,194,000-1,439,025=2,754,975円となります!

さて、ほぼ七割が手元に残りました。

完全な不労所得275万円が、わずか1ヶ月で

私の手に入ったわけです。

今回は、火災保険では無く

あくまで、「見舞金」なので

修理に回す必要はありません。

全額次の投資に回しても良いでしょう。

または、保有不動産の外構塗装や、屋根補修のために

貯金しておくこともできますね。

(ラブ☆スカイのアパートは屋根に太陽光パネルを

設置しているので屋根のメンテナンス費用は殆ど掛かりません。

今度、中古で購入したアパート屋根には屋根防護のために

無料で太陽光パネルを設置してもらうのですが、

今度そちらについての情報も実況中継しますね。)

皆さんも、今年中に請求しないと

今年度内の保険金認定、入金に間に合いませんよ~

みなさん、私に続きましょう!こんなに

簡単に請求できて

こんなに簡単に認定してくれて

こんなに簡単に入金処理してくれるとは

これは、まさに目から鱗でした

保険金は、物件が崩壊しないと請求できないと

思い込んでいた自分が怖いです。

今まで数年かん、ただ支払うだけだった保険金を

一発で回収できました。

最後に、

実は、上記の請求書は、間違いですので

一頃うれしい報告をして本日の投稿としましょう。

通常、木造物件で、50万円以上見舞金の場合は

認定見舞金✕35%

木造物件で50万円未満の見舞金の場合は

認定見舞金✕32%

なのですが、

実は、私は、交渉の末

契約書にあるように

一律

認定見舞金✕30%で契約しています。

ですから、

実際の手数料は、

上記で述べた

1,439,025円では無く

なんと、

見舞金総額:4,194,000円 ✕30%=1,258,200円

と言うことなのです。

さらに、手のこりが180,825円増えました!

でわ、みなさん。

絶対請求しないと損であることが分ったでしょう。

また、保険金請求には、地震発生からの

タイムリミットもあります

請求期限が今月の地域の方は、

対象地震および時期について調査し、

ミスが内容に請求をお急ぎくださいね。

次回は、

「保険金請求をアパート管理会社でしてはイケない」

場合によっては、数百万の損をする事になる件について

投稿しましょう。

自分のアパートを管理している会社で

地震保険・火災保険を請求しては絶対にいけない理由と

ネットでガンガン広告を出している保険請求会社を

頼ってはいけない理由を

しっかりご報告しましょう。

でわ!