「事業計画から撤退」バイオマス発電事業の今後について・・


この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

私を含め多くの投資家が投資する発電事業

「バイオマス発電事業投資」(旧廃油発電事業投資)

が、事実上計画が頓挫する事になるようです。

10月末の進捗報告にて下記の文書が送られてきました。

↓「APSバイオマス発電システムの今後に関して」

過去に数度、設備認定ID(現、事業計画書認定)

を取得できているにもかかわらず

事業が頓挫した原因は、

経済産業省のバイオマス発電制度改正にともない

パーム油の燃焼発電事業に対して

非常に厳しい制度改正をしようとしているためのようです。

現在、駆け込みで急増している

バイオマス発電事業計画に対して

大きなブレーキを掛けるためのFIT改正になりました。

パーム油を利用する発電事業は、

バイオマス液体燃料区分に割り当てられ

厳しい制約を受けます。

↓18年度バイオマス発電事業における変更点

厳しいパーム油に対して、

17年度までの認定案件でパーム油以外の

燃料を利用するものについては、

FIT制度の支援対象とするそうです。

パーム油発電事業を狙い撃ちした規制改正です。

「パーム油のトレーサビリティと合法性を確保する」

名目で、調達燃料の認定にハードルを設けて

事実上、継続安定的な燃料調達ができなくなって

しまうリスクが発生したようです。

日本政府は、これ以上パーム油系

バイオマス発電事業を

拡大させたくない意思が

あるのでしょう。

が、今回事業が頓挫した理由には同情するが

先月まで「事業計画実現に向けて邁進中~」みたいな雰囲気を

醸し出す進捗報告にもかかわらず、いきなり「事業頓挫報告」・・・

ちょっと、衝撃が大きすぎます。

青空にいきなり雷雲に覆われ・・・嵐になるような

まさに、「青天の霹靂」です。

事業継続できないなら今後はどうなるのか?

次項を見てみましょう。

↓今後の対応について

今から、具体的な対応方法を検討するようですが、

要約すると、好調な電池事業へのシフトによる

投資継続を希望しているようです。

もちろん、事業頓挫による、返金にも対応するようですね。

ただし、と言うか、やはりというか、

「機械購入代金の一部資金をご返済」となっています。

発電機も購入しているようですし、コンサルに支払われた

手数料、土地の契約金額・・・運営費、

いったい何%程度の資金が返金されるのか?

想定できません。

↓先日ニュースで流れた電池事業について

確かに、電池事業は将来もっとも有望な事業の一つであることは明白です。

また、通常の50倍~60倍のスピードで充電できる電池の開発

は衝撃的でした。

あっという間に数十億円(もしかしたら数百億円)

の資金が調達できる可能性を秘めています。

資金を投じてから3年あまり・・・・

事業の足を引っ張りたくなかったので

ブログでもネタにできず

半分あきらめていたバイオマス発電に投じたお金でしたが、

返金請求すべきか、新たな事業で夢を見続けるか?

じっくり考えたいと思います。

でわ。