「毎月3万円15年の掛金で1500万円手に入れる」海外積立よりも手軽な海外生命保険に加入!


この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

ラブスカイは約3年前に

香港にて海外銀行口座(普通貯金口座)を

造りました。

銀行は、

スダンダードチャータード銀行(通常スタチャー)

香港上海銀行(通称:HSBC)

の二つです。

そのついでに、海外積立型の保険にも加入しました。

毎年1500ドル(当時の日本為替相場で毎月20万円)

当時の運用実績は8.6%とされるIFAを利用しています。

毎月20万円、25年契約ですから、

25年での積立原資は、

20万✕12ヶ月✕25年=6000万円ですが、

さらに10%の運用で2億円!

となる予定です。

商品名は、「RL360°」日本人が多く契約している

最も有名な保険の一つです。

契約後、2年間の実績を以前公開しました。

あれからさらに1年経過しても、相変わらず凄まじい

運用実績を維持しています。

わたしの海外積立の実績は、セミナーで公開するとして、

今回は、国内よりも運用リターンが大きい海外での運用を

さらに拡大すべく、より、安全で、安心できる

大手保険メーカーの積立保険海外商品を探していました。

条件としては、海外積立のように

高額1500ドルではなく、もう少し積立掛け金を落とした

手軽な商品です。

条件としては300ドル(毎月約3万円程度)

500ドル(毎月5万程度)のお手軽保険商品です。

払い込み期間も15年~5年、10年の短いパターンも可能な保険です。

長期スパンの積立は、海外積立25年でカバーし、

短期スパンは、15年払い込み海外生命保険でカバー!

日本から近い外国で、

安心できる国となると、限られてきますよね

韓国は心理的にいやだし、

フィリピンはうさん臭い

ベトナムはまだまだ信用がなさそう

となると、

香港!しかないでしょう。

香港の生命保険は解約時も、満期でも

運用リターンは世界最高水準ですから

運用リターンを求めるなら

やはり、

「香港」の商品しかありません。

日本と香港の生命保険を比較してみましょう。

たとえば、

年齢30歳で保険加入して、

毎月238.4米ドル(約2万5千円)を

45歳までの15年間払い込んで、

さらに

65歳まで、15年間運用を任せた場合

について、香港の生命保険と日本の生命保険を

比較してみましょう。

↓は、日本で最も高い運用リターンをシミュレーションした商品です。

となります。

払い込み原資が

2.5万(238.4ドル)✕12ヶ月✕15年=450万円とすると

65歳で受け取る解約返戻金は

450万✕147.7%=664万円となります。

日本の保険もなかなかじゃん~

なんて思って皆さん加入するのです。

↓は日本の生命保険商品のドルスマートのモデルです。

たしかに、商品説明として、147.7%と

シミュレーションされていますね。

すごい投資だと思います。

しかし、次項に紹介する

香港の生命保険のシミュレーションを見たら

度肝を抜かれますよ。わたしもびっくりでしたからね

↓まずは結論から述べましょう。

驚異の373%です。

日本のシミュレーションと同様に

30歳加入、15年払い込み、15年運用、65歳受け取りで

シミュレーションしています。

373%ですよ~

同じように計算したら

積立原資=2.5万(238.4ドル)✕12ヶ月✕15年=450万

に対して、373%ですから

450万✕373%=1678万円!!!

毎月240ドル程度の積立を

僅か15年間払い込むだけ

その後運用をさせて65歳で受け取れば

450万円が3.7倍の1600万円になるのです。

日本国内の保険だと600万程度なのに

その差は1000万円です!

↓香港生命保険のシミュレーションを見てみましょう

たしかに、160111米ドルとあります。

払い込みも、1~15年目まででシミュレーションしていますね

15年目で積立原資42926米ドル

65歳で、受け取り160111米ドルです!

わたしは、来月11月に香港に渡航して

速攻で毎月300米ドル(毎月3万円プラン)の契約を

してきます!

国内にいても香港の保険会社に問い合わせて

保険シミュレーションを受け取ることもできたので、

セミナーで公開しますね

300ドル(毎月約3万円)なんて、わざわざ不動産投資や、太陽光発電投資を

するまでも無くサラリーマン収入だけでも十分支払える

定額プランですし、払い込みも

15年間だけですから

超お手軽で、超リーズナブル

そして、

超ハイリターンですよね

毎月300ドルだと、

単純計算だと

3万円✕12ヶ月✕15年=540万の原資

これを373%でリターンがあるとすると

540万✕373%=2014万円・・・・・

すごすぎる

絶対やる!

もちろん、私がすでに加入している

ロイヤルロンドン「RL360°」で

12%で運用した場合なら

もっとすごい運用益かもしれませんが、

今となってはもう、日本人は加入できないし、

正確には、裏技を駆使しないと加入できないので

これからは、海外生命保険の解約返戻金を利用して

お金を海外で増幅させる手法がもっとも賢い運用だとおもいます。

たぶん、海外積立同様に数年で海外生命保険加入も

日本人が加入できなくなる可能性もありますので、

まずは、わたしが先行契約しましょう!

そして、ブログで公開していきたいと思います。

といっても、海外積立と異なり

毎月ガンガン増えていくイメージでは無く

15年間払い込んだあとから急激に増幅するあくまで

生命保険ですからビジュアル的にはわくわく感は小さいですね

まあ、それが、安心と安全の証明なのでしょう

堅実に毎月3万円を15年間積み立てて

1000万円を手に入れる・・・・・これですね。

ちなみに今回は30歳加入でシミュレーションを紹介しましたが

私の場合は45歳加入、300ドル掛け金

5年払い込みの短期間プラント

10年払い込みの中期プラン

について、シミュレーションを頂いています。

毎月たった3万円の積立と思えば

香港が戦争に巻き込まれるような万が一のトラブルでも

ダメージは小さいですね。

まあ、リスクはそれくらいでしょうが。

セミナーの目玉の一つとして

今回加入を検討している香港生命保険の

わたしのシミュレーションをご紹介しますから

出席の方はむちゃくちゃ期待してくださいね~

毎月3万円、15年の払い込みで1500万円を手に入れよう!

ポスト「海外積立」は、「海外生命保険」ですよ!

ちなみに、毎月500ドル(5万円)で10年払い込みプランが

もっとも人気のようですよ~

でわ!