銀行融資で2,000万円投資!年商7,500万目標の買取り専門リサイクルマート1号店がオープン!!


この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

自己資金500万円と銀行融資1,500万円

合わせて2,000万円を投資した

買取り専門リサイクルマート1号店ですが、

まもなくオープンです!!

2/20~3日間プレオープンし、

2/23 金曜日がグランドオープンとなります。

オープンまでの道のりは長く険しく、そして、短かった・・・・

あっという間の1年でした。

私の保有する法人も「時計宝飾品商」の免許を取得しました

↓看板も製作しました

↓出店場所の筑紫野ベレッサ1Fテナントを見に行くと・・・・パーテションで区切られていました

 

まだ、工事前の段階で、パーテションで区切られているだけですが、

2月の15日頃から工事が始まります。

↓店舗工事計画図です。

中央部には買取り交渉スペースとして

モダンな木製の小屋を設置します。

大工さんの手作りとなります。

↓レジカウンターもおしゃれなレンガ風

 

入り口にはレジカウンターを設置します。

これも大工さんの現地手作りとなります。

おしゃれなレンガ風のシートを貼ります。

今回のコンセプトはおしゃれなブティック風の店舗です。

従来のごちゃごちゃしたイメージからおしゃれな

入店しやすい店舗作りを目指すようです。

本部の提案ですが、私としては気に入っています。

新任店長も気に入っていただければうれしいですね。

↓メインのガラスハイケースです。

通路上に3つのハイケースを設置してブランド品や買取り見本および現地販売商品を展示します。

↓その横にはおしゃれなローケースを展示

ローケースを2セット配置して、時計や貴金属を

上から見下ろしできる展示スペースを確保します。

なんと、このローケース

購入したら1つ25万円で2つで50万円ですが、

リサイクルマート本部の計らいで

1つ13万円合わせて26万円の中古品を準備していただきました

徹底的にコストカットに協力していただける

すばらしい企業風土だと思いますね。

FTC株式会社さんと担当営業さんにはとても感謝しています。

↓現在の店舗予定地です

店舗予定地の半分のスペースはもと撮影スペースだったこともあって

おしゃれなレンガ風の壁紙が貼ってありました。

この壁紙はおしゃれなのでそのまま使わせて頂きます。

そのたは、壁紙も全面貼り替えて、

クロスも一部汚れていたので

マットを敷いてきれいに仕上げるそうです。

↓完成イメージです。

↓オープンに向けて織り込みするちらし完成!

折り込みチラシの原案です。

今回は、オープンに向けて13万枚を西日本新聞と読売新聞に

織り込みます。

1枚5円だとオープンチラシだけで65万円の支出ですね~

かなり大きな支出ですが、この折り込みが利くのです!!

ガンガン買い取りますよ。

店長頑張れ~

↓折り込みチラシの裏面です。

貴金属、時計、金券、スマートフォン、デジタル家電、骨董品

そして、メインの買取り商品「お酒」まで

なんでも買い取りますよ。

近隣なら出張買取りもして

月間買取り額600万を目指します。

できれば、リサイクルマート買取り専門店の優良店買取額1,000万円を目指したいね~

と、言っても場所が場所ですから、まずは地に足を付けて

いきます。

店長には、とにかく高く買い取るように指示しています。

年末から年始に掛けて中部のリサイクルマートの

視察に行きましたが、

どこの店長さんも決まって、

「利益を追求した低く買い取って高く売ると

必ずつぶれる」とおっしゃっていました。

商売ですからできるだけ安く買い取って

高く売れば儲かりますが、今どきのネット社会においては

お客さんは無知ではありません!

他店と比較してお得感が無ければ

リピーターになってくれないのです。

とにかく高く買い取る!

お客さんがまた「売りに行こう!」

と思って頂ける店舗作りを目指します。

当社の合い言葉は

「顧客満足」です。

ガンガン買い取ります。

貴方にとって不要なもの無価値なものでも

もしかしたら有価物になるかもしれません!

手元にいらないものがあれば

段ボールに入れて送ってください

送料分以上の買取りができそうであればガンガン買い取ります!

↓段ボール買取り問合せ先

[contact-form-7 404 "Not Found"]

備考欄に「ラブスカイ不要商品買取り係まで」と書いてね

「投資希望」をクリックした場合は

もれなく、投資診断して貴方に合った業者を紹介しますよ~(笑)