資産10倍の夢を叶える海外積立!日本在住者の保険申し込み受付終了?


この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

毎月コツコツ

クレジットカード支払いで

日本から送金して積み立て、

海外のオフショア地域(非課税地域)で

複利で運用することで

資産を3倍から10倍に膨れあがらせることが

できるかもしれない「海外積立」。

毎月5万円を25年間積立れば、

5万✕12ヶ月✕25年=1500万円の

原資が、

4%運用で2倍の3000万円

9%運用で4倍の6000万円

12%運用なら6倍の1億円!と

夢が膨らみます。

そんな「海外積立」商品で、

現在日本人の保険申し込みを受け付けてくれるものは

全部で5種類あります。

・インベスターズトラスト

・RL360°

・プレミアトラスト

・サンライフ

・FTライフ

ですね。

そんな海外積立の中でも最も人気が高いものが

FTライフ(FTLife 旧アジアス/Ageas)

ですが、

香港の金融機関で、香港に渡航して

直接契約できる海外積立商品を提供しています。

日本人の人気が高いのが特徴ですね。

↓FTライフのホームページです。

https://www.ftlife.com.hk/en/

そんな人気のFTライフですが、

来年3月(2018年3月31日)をもって

日本在住者の保険加入申し込み受付を終了

するようです!

香港のエージェントさん(私の海外積立の担当者)のお話によると

日本の金融庁からの圧力があったのだろう・・・・とのことです。

一昨年ごろから、日本在住者による海外積立の直接加入・契約できる

商品は受け付け終了を迎えて、年々少なくなっていますが

とうとう、FTライフ社の積立も直接契約できなくなるのですね。

残念ですね。

わたしの投資プランニングには欠かせないのが

「海外積立」です。

日本で、賃貸不動産投資や太陽光発電投資で毎月

定額のキャッシュフローを手に入れて

その利益の中から毎月20万円程度(1500ドル)を

海外積立に回して

資産2億円を築く事を目標にしているため

最終的な出口がだんだん小さくなっていくような感じですね

もちろん、FTライフという商品が無くなるわけでは無くて

日本在住者へFTライフ社が保険商品を販売できなくなるだけですから

既存の契約者は全く心配ありませんし、

それどころか、日本人向けの直接契約ができなくなる前に

直接契約できて良かったと言うことになります。

数年前まで日本在住者が直接契約できる

保険商品を取り扱う会社は

10社以上あった海外積立商品が

これで4社になります。

まあ、あと、2~3年で

その商品の1社程度になるだろうと言われています。

日本でしっかり投資して、

がっつりキャッシュフローを手に入れるシステムを構築してから

海外積立にトライするべきですが、

こんな状況ですから

小さい額でも

チャンスがある内に保険口座は開設しておいた方が

良いのかもしれませんね。

2018年2月には連休を利用して

半年ぶりに香港へ渡航します。

香港緊急座談会ですね。

今回は

ハーツアセットマネージメントの植西社長はじめ

社員さんも参加されるようですから

楽しい新年会になりそうです。

香港渡航ですから

あまり大人数は無理でしょうが

我々と香港料理を満喫したい方は

ご一緒しましょう!もちろん食費は割り勘ね!!

でわ!