海外の口座に簡単に1億円貯める方法


この記事を読むのに必要な時間は約 26 分です。

購入予定のマンション1戸の写真です。

↓かっこいいでしょ。エントランスです。

008.jpg

昨日まで

海外に銀行口座を作る理由について述べてきました。

信じるも信じないも貴方次第ですが、

今日は、せっかく作った海外銀行口座に

1億円を貯める方法について

怪しげにそして、適当に述べさせていただきます。

まずは、海外に銀行を作るんですが、

どこの国の銀行に口座を作るのか

とても大事なことですのでしっかり考えていただきたいですね。

○香港に海外銀行口座を作る理由

理由①

香港は日本に一番近いオフショア地域なので

窓口に行くのが簡単です。日本から

わずか3時間で渡航費もLCC使えば片道

7000円も可能です。

理由②

香港とシンガポールはアジアの

金融センターでとても信用度が高いのです。

理由③

HSBCもスタンダードチャータード銀行もイギリスを代表する

高格付けで体力のある老舗銀行です。とっても安心です。

理由④

インターネットによる利用が進んでいて、

とても便利で使いやすい。

○口座開設方法

口座開設は英語か広東語が話すことができれば、

パスポートと住所証明(英文)を持って

現地銀行にて開設できます。

言葉がわからない場合は、自分だけで

口座開設は不可能ですが、

現地の口座開設補助スタッフに手数料を払ってお願いすれば

口座開設をフォローしてもらえます。

私がスタンダードチャータード銀行の口座を開設

したときは、数万円(片手で足りる!)の手数料を現地スタッフに支払って

日本語ペラペラの現地スタッフに助けてもらいました。

特に自分は何もすることなく

簡単にキャッシュカードを手に入れることができました。

ただ、HSBCについては、この数年の間に

日本人が大量に押しかけて、業務を圧迫したため、

金融取引のある仲介者を通さないと

口座開設ができないようになっています。

スタンダードチャータード銀行も

簡単に口座開設ができるのもあと1~2年

の間だろうと言われています。

それは、マイナンバー施行まえに

海外口座を開設しようという私みたいな方が殺到しているかららしいですが

その内HSBCのように、日本人締め出しが始まるでしょうね。

○海外銀行口座を持つべき人とは

海外銀行口座は誰が持ってもメリットがあるのか?

えー、一言でいうと海外で金融取引しない人は

海外の銀行に口座を持つ必要は全くありません。

あえて、海外という日本と比べてとても不便なところ

だとしても、そこに資金を移動させた方が

メリットがあると考えた人が口座開設すればよいのです。

口座を持つ明確な理由が無いうえに、

パソコンも使えない、まして

海外に行くことなんて全くない!

なんて方が、こぞって海外口座を持とうとする

から、いろんなトラブルが発生するんですよね。

その一例が、先ほど述べた

意味も分からず口座を開設しまくった日本人のせいで

HSBCもスタンダードチャータード銀行も

開設しづらくなってしまったんですよね。

問題なのは、海外に口座を持っていても

その海外の銀行口座に移動する資産がない

という方がいっぱいいます。

なんで海外に銀行口座作ったの?

疑問しかわきません。

○海外銀行口座でメリットを受けるための準備

上述した、移動できる資産もないのに

海外に銀行口座を作ってしまった人は

高い口座維持管理手数料だけが重くのしかかってくる状態にあります。

じゃあ海外銀行口座開設は意味がないのか?

わたしが思うにそうでは無いんですよね。

海外銀行口座を開設したのが悪いのではなく

手順を間違えたのが問題なんです。

海外に銀行口座を作っても良いのは

資産を持っている方だけ!なのです。

ただの、平均的サラリーマン

海外に銀行口座を作るメリットはないでしょう!

はっきりと断言しておきますね。

じゃあ、ただの平均的なサラリーマンは

あきらめるしかないのか?

(ここでいう平均的なサラリーマンとは

年収400万円~1000万円程度の一般的な

日本にゴロゴロいるサラリーマンの事です。)

あきらめる必要はまったくありません。

海外の銀行に移動させる事ができる

資産を作ればいいんです。

そうです。まとめると

口座を作るより 「資産を作る」 方が先決なのです。

簡単でしょ?

そして、資産を作ってから、海外の銀行口座に
余った資金を移動すればよいのです。

貯金すればよいのです!

「そんなの、誰でもわかっているわ!」

「資産の作り方がわからないから困っている!」

そんな声が聞こえてきそうですね。

年収400万のサラリーマンでも1億の資産を作る方法は

いくらでもあります。

手っ取り早いのがFXや株式投資です。

レバレッジ掛ければ資産100倍も夢ではありません。

最近は、海外の口座で800倍なんて口座もあります。

お金儲けなんて簡単なんですよね。

ただ、投資なので、失敗したらすってんてん

になります。それはしょうがないことです。

年収400万円の普通のサラリーマンが

株やFXに手を出す方がいかに多いことか?

そして、99%は大損こいてすってんてんになっています。

又は、自己資金をすべて吸い取られています。

わたしは、不動産投資家ですし、発電事業投資家でもあります。

わたしは、リスクの高い投資をレバレッジを掛けてバンバン仕掛けている!

とよく言われますが、

株式投資やFXに没頭している

多くのサラリーマンさんの方がよっぽど

高リスクの「ばくち打ち」に見えますよ。

だって、儲かっている人がいないんですよ。

不動産投資や発電事業を否定しながら

パチンコやFXや株式投資に没頭して

全く増えない自己資金をみて嘆く

どんどん時間が過ぎ去っていきます。

そして、何もできずに世を嘆いて人生を終える・・・

そんなのが一般的な日本人なんです。

それでは海外に銀行口座を作れるような状態になんて

決してなりませんね。

それではどうすればよいのか?

もう何度も言っています。

何回も伝えています。いろんな専門家も

言っています。

大昔から、お金持ちは不動産投資です!

近所の噂でも「あそこの○○さん不動産で成功したんだって・・・」

みたいな話があるでしょう?
結局は、「不動産投資」が手っ取り早い資産の増やし方

なんですよ。

不動産投資で失敗した人がいっぱいいる!

なんて噂をよく聞くでしょ!

じゃあ、じっさいにあなたの周りに不動産投資で大失敗した人
いっぱいいますか?

不動産で大失敗して

一家路頭に迷う羽目になるのは

投機的不動産投資家(キャピタルゲイン狙いの地価高騰激高マンション購入)

や、○○建託や創○のような

入居の当てもないのに一括借り上げで

ど田舎に

アパート建てさせられた方だけなんですよ。

何度も言うけれど、

都市型の新築木造アパートや

中古マンションで大失敗に陥る可能性は

非常に小さいと思います。

都市型不動産投資は

売り手良し(販売店)、買い手よし(投資家)、借りてよし(入居者)

三方良しの優れた投資案件だと思っています。

もう、ど田舎の農家や地主たぶらかして

アパートを作るのをやめてほしいですね。

また、サブリース形式の一括借り上げはやめてほしいですね。

(私が言いたいのは、保証する家賃を更新ごとに下げ続ける

嘘ばかりの一括借り上げの事です)

都会の不動産投資に失敗なし!

年収400万のサラリーマンでも参入できる!

と、言いますか、年収400万だからこそ、

本業以外の収入が必要なのです。

年収400万円で十分貯蓄できて、

老後食べていけるとは到底思えないですし。

だから、わたしは、都市型の不動産投資をお勧めします。

破たんすると言われ続けて、はや4年

毎年アパート購入し続けていますしはや6棟目

ラブスカイはまだ破たんしていませんよ!

常に95%以上の入居率を誇っています。

空室が続く気配すらありません。

だって都市型不動産投資ですから!資産も

年々増加して行ってますし、

その資金でさらに不動産買って、

さらに余ったお金で海外年金口座もできているし・・・

4年前は年収600万円のただの

サラリーマンだったのにね。

いまじゃ税込み事業年収5000万円も見えてきているし

会社も作りました。すべて、不動産投資のおかげです。

これは断言できます。

年収400万円~1000万円のサラリーマンは

絶対に儲からない高リスクの

FXや株式投資はやめて

安全な「都市型不動産投資」をすべきなんですよ。

ということで、資産の作り方は述べました。

年収400万以上のサラリーマンは、

キャッスフロー製造機となる:木造アパート1棟と

繰り上げ返済用資産:2500万の激安マンション1戸

を購入して、そこから得られる

資産を少しづつ海外に移すのが

もっとも有効な投資法だと思いますね。
○少しづつ海外に資金を移す手段

レバレッジ聞かせて投資して毎月キャッシュフローがでる

仕組みを構築したら、次は海外へのお金の移動方法です。

ただ、毎月入金処理するのでは、毎回高い手数料を取られてしまいます。

不動産投資家に適しているのが、

毎月の収入から少しずつ海外に資金を

積立てる「海外積立型ファンド」

となるわけです。

「海外年金口座」も同じ原理ですね。

毎月少額を長期にわたって積み立てて、

その積立分をファンドに複利で運用してもらって

資産を雪だるま式に増やす方法です。

現在、わたしは、この状態まで来ています。

4年間は長かった・・・。でも日々の取り組みの賜物ですね。

○海外銀行口座の注意点

海外に銀行口座を作る際の注意点を述べておきますね。

利息がものすごく高くていいですよ!って

海外銀行口座をお勧めするサイトや話は

いっぱいありますが、しっかり検討する必要がありますよ。

自分の銀行口座は基本的に自分で処理しなければなりません。

そんなの当り前ですけど、口座開設の手続きまでは

補助してくれますが、中の操作や事務処理は

個人情報だし誰も助けてくれません。

セキュリティ上代わりができないということを

知っておきましょう。

よくあるのが、ネットでパスワード3回失敗して

口座が凍結となり、その処理のために

現地に行かなければならなくなる・・・なんてことです。

行先も手順もわからない、離れ小島のオフショア地域

に銀行がある場合は、最悪でしょうね。

まあ、香港やシンガポールくらいなら

なんとでもなるでしょうから

初心者はまずは香港かな?

最後に、もう一度言いますね。

資産家への道は手順を間違えないことですよ。
①不動産投資でキャシュフローを製造する

 木造アパートや中古マンション等の収入を得られる

 物件を購入する。

②2500万の激安マンションを1戸購入する

 早期繰り上げ返済用の小さなワンルームがお勧め

 10年以内に全力で返済する。

 毎月のキャッシュフローはマイナスでも構わない

 (その分返済は、はやくなるので!)

③海外年金口座で海外にお金を移動

④海外銀行口座を開設
 海外積立のお金を移す

毎月10万円積み立てれば

25年で3000万円の元本となります。

6%で運用してもらえば1億円を超えます。

それを海外の銀行口座に移しましょう!

これぞ私のスキームです。

もちろん、満期時には

日本で確定申告が必要ですからね!

私のこのスキームで

年収600万だったただのサラリーマンが

4年でここまで来ました!

みんなも、ヨーク考えて、

軽い気持ちでやってるFXや株式投資から

不動産投資家へシフトチェンジですね。

でわ!

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

ということで世の中のサラリーマンは$建てで

海外積立を行います。

毎月サラリーマン給料から

$350(5万円程度)を25年積み立てたら

5万円×12か月×25年=1500万円の源資

となります。

海外の保険会社が利回り5%で複利運用したら

1500万円→3000万円となります。

(25年で約2倍)

利回り10%で運用したら

1500万円→6000万円となります。

(25年で約4倍)

現在までの運用実績は15年間で8.6%

となっていますが

2008年にはリーマンショックを経験しての

実績です。

香港のIFAいわく

リーマンショックが無ければ12%はいけたはず!

とのことです。世界大恐慌でもなければ

利回り5%程度では運用してくれると思っています。

ラブ☆スカイは現在

毎月$1500(20万円)を積み立てています。

毎月20万円を25年間、

利回り10%で海外に積み立てたら

2億4000万円となります。

最終的に100万程度月収のすべてを

海外年金(口座)積立に投入して

毎月20万の積立を5種類のIFAに分けて

投資する予定です。

100万×12か月×25年=3億円の原資となり

この3億円を利回り10%で運用してもらったら

12億円になりますね。

夢は、大きく。いやー楽しみです。

普通のサラリーマンでは毎月20万円

なんて無理ですが、

200万円の自己資金で

1億程度の新築アパート2棟買えば

毎月キャッシュフローが20万円となります。

太陽光発電事業でも構いません。

コインランドリー経営でも構いません。

まあ、いろんな投資案件はありますが、

本業のサラリーマン収入から

5万円程度追加すれば、

$1500(20万円:現在為替で17万くらい)

の積み立てに加わることは可能だと思います。

日本円とドルの両方の通貨を保有する。

円安ならドルを使い、円高なら円を使用する。

日本のハイパーインフレにも対応できて安全

よくある質問に、デフレしたらどうなるの?

って聞かれますが、私は、

波打ちながらインフレは進むと思っています。

だって、物価って上昇するものだから。

政府の目標は物価上昇毎年2%ですからね。

オリンピックもあるし、物価上昇しか考えられません。

もし政府が言うように毎年2%も物価上昇されたら

毎年2%日本通貨価値が下落し続けることになります。

1000万円貯金している場合、

初年度は20万円価値消失で翌年には980万円の

通貨価値ですね。10年後には、

約20%の資産価値消失です。

だから、私は、現金を持たずに物

(不動産・太陽光・コインランドリー)を買って

インフレに対抗しているのです。

ちなみに、将来日本通貨の価値が地に落ちたとき

ハイパーインフレになったとしたら・・・

わたしの借金の価値も地に落ちます。

要は、借金の価値がなくなります。

今の借金4億円はインフレで通貨価値が半分になると

借金2億円と同等になります。すごいでしょ!

〇激安2500万投資用新築マンション1戸について

激安新築マンションの位置づけですが、

上記の他の投資案件との併用で威力を発揮します。

新築アパート+激安新築マンション

太陽光発電所+激安新築マンション

廃油発電事業+激安新築マンション

中古マンション1棟+激安新築マンション

それは、なぜか?

太陽光発電所の寿命は20年です。

新築木造アパートの寿命は22年です。

これでは、返済後の撤去費用の捻出や

おんぼろアパートの修繕費のために

家賃収入を割り当てる未来が待っています。

このローン返済後のオーナー負担の大きさが

太陽光発電事業や新築木造アパート経営の最大の

欠点です。

(初めから中古に投資する場合は投資家は

出口の費用負担は見込んでいるため問題ありませんし

一括借り上げなら何も考えなくていいでしょう。)

この大きな欠点を補うのは、

新築マンションとなるのです。

なぜか?

それは、マンションの寿命は47年だからです。

ローン返済25年で設定した場合

まだ、22年も寿命が残っています。

太陽光発電所の発電寿命が終わる時期

新築木造アパートの寿命が終わる時期

からまだ22年も収益を上げ続けることが

出来るのです。

だから、絶対に、激安で小さくても構わないので

新築のマンションは一緒に保有すべきです。

また、複数の投資案件を保有していて

既にキャッシュフローを築いている方は

繰り上げ返済用として、利用できます。

新築マンションを繰り上げ返済したら

一丁上がりですね。

さて、購入の仕方ですが、

新築アパートでも太陽光発電事業でも構いませんが

月間10万程度のキャッシュフローを手に入れて

それを海外に移すわけですが、

もちろん全額は投入しませんよ

1/3程度は残します。

すると、毎月3万程度は現金が残ります。

この3万の内1万程度を新築マンション

購入資金に回します。

新築マンションは大体

マイナスキャッシュフロー1万円程度が

バランスよくてお勧めです。

無理やり35年ローンにしてプラスにしても

金利ばかり払うことになるしね。

(←もちろんこの場合はキャッシュアウトリスクは

なくなりますので、他の投資案件を持っている

場合だけですよ。)

〇ラブ☆スカイスキームをまとめます。(一番重要)

最初に10年は新築アパートで安全確保

10年目~25年目までは太陽光発電

25年目以降は新築マンションで安全確保

そして、海外にお金を移して、

稼いだ通貨の安全確保

わたしに問い合わせていただけたら

包み隠さず全てを伝授いたします。