バイオマス発電事業に参入するため株式会社設立しました。


この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

株式会社設立しました。

今回参考にした文献は↓です。

会社設立01

じゃじゃーん!!

いやー色々夫婦で考えて

役割分担して頑張りました。

今回会社を設立したのには理由があります。

節税対策?・・・・ふふふ、それもあるのですが

真の理由は・・・「廃油発電事業」に本格参入を考
えてのことです。

今秋、廃油バイオマス発電事業が本格始動して

タイムレコードがある程度(半年)出れば、

なんと

融資が付くそうです!

(㈱みらいクリエイト主催の説明会で聞いたので間違
いないでしょう。)

私の予定としては、トラックレコード取得後

株式会社ラブ☆スカイ(仮名)でアパート1棟分の約7000万円の

融資を取り付けて、

発電システムを2基会社で購入し

廃油バイオマス発電事業に本格的に参入する予定です。

ただし、資金の当てが付いてせっかく発電事業に参入したくても、

ベンチャーで事業規模が小さいため

せいぜい2号発電所の小さな権利枠を取り合うことになります。

そこで、㈱みらいクリエイトとの「約束ごと」があったのです。

それは、トラックレコードを1号発電所で取得して

2号発電所計画が発動し、近い将来募集が出たときに
優先的に事業参入できる条件でした。

その条件はシンプルで、1号発電所の事業に数口でいいから

参入することでした。

だから、私の6基分/33基

も含めて
説明会に参加したメンバーがこぞって

事業賛同者になるのです。

それがカラクリです。

1号発電所がまもなく運用開始ですが、

稼動後、トラックレコードが出た後は

今回のような個人スキームは

かなり高い確率で無くなり

法人専門の営業となるようです。

個人で参入するには

1号発電所の事業に賛同するしかありませんでした。

と、言うわけで法人設立しました。

なぜ株式会社かって?

合同会社より圧倒的に株式会社のほうが

融資が引きやすい

のです。

法人も設立したので

今週末、おそらく最後になるでしょうが、

東京出張して、「廃油バイオマス発電事業」参入後

トラックレコードが出た後の

融資取り付けの進捗状況について

聞いてくる予定です。

私と、一緒に説明会に参加される方

あらためて募集いたします。

今週末ラブ☆スカイと説明会に参加しましょう。

私が、今回「廃油発電事業」を特集したのは

とっとと、1号発電事業の募集を締め切って

運用開始して欲しいからです。

1日でも早く運用を開始していただいて

トラックレコードを積み上げ

法人で融資を取り付け、

2号発電所の事業に賛同したいのです

みなさん、ご興味がある方!

1日でも早い、1号発電所の事業開始にご協力願います。

ちなみに、

法人立ち上げに興味がある方のために

私の会社の事業概要を下に添付しますね。

ご参考に!

でも、これを見たら

私が将来何がしたいか・・・・・・バレちゃいますね。

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む