廃油バイオマス発電事業進捗レポート


この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

「廃油バイオマス発電事業進捗レポート(速報)」

一昨日、千葉県の南行徳で「廃油バイオマス発電事業」

の進捗報告会がありました。

残念ながら、私は参加できませんでしたが

友人が出席して情報を手に入れてきたので

最新情報を報告しますね。

◆情報その1

「発電装置の設置場所について」

これまでの候補地として、茨城県、佐賀県、千葉県が

上がっていますが、第1号発電所としては、

茨城県が最有力候補地となりそうです。

廃油供給元となる

某A大手商社が自社でもっている廃油を

貯蔵するためのタンクが県内にあるようで、

廃油の輸送コストが大幅にコストダウンできる

のが最大のメリットだそうです!
なるほどねー。

◆情報その2

「今月中(5月)に主要な機械、パーツを全て発注」

細かいパーツの仕様が決定し、

今月中に全てのパーツの発注が終了する。

本事業最初の発注にあたり、思った以上に

仕様を決めるのに時間を要したが、

その分納得のいく仕様に仕上がったとのこと。
ディーゼルエンジンは◻◻◻◻◻◻ズ製で、

発電機は⚪⚪電機製のものを使用するようですよ。
正確には、⚪⚪電機さんは、

米国最大手の⚪⚪⚪⚪ジェネレータテクノロジーズ(⚪GT)の

国内唯一の代理店さんですので、
⚪GTの🔺🔺🔺🔺🔺ディーゼルエンジンを組み込んだ

発動発電機を使用するんでしょうね。


⚪GTの🔺🔺🔺🔺🔺ディーゼルエンジン

イメージ画像です。

(250KVA出力のエンジン画像です。)

スタンフォードエンジン
02
メンテナンスや故障の際に、⚪⚪⚪⚪⚪⚪ズの保守メンテの

全国ネットワークがあるので、

部品の確保や納期が圧倒的に早い。

⚪⚪電機製の発電機は、

今回の装置を組み上げる

某B社も取り扱いには慣れており

過去の実績も豊富にあるとのことです。

それ以外の部品メーカーに関しても、

一部上場企業、

若しくは一部上場企業と主に取引をしている

メーカーとなるようですよ。

ちなみに

⚪⚪電機さん🔺🔺🔺🔺🔺エンジンについては、

みらいクリエイトさんに聞いてね!

廃油バイオマス発電事業がまもなく

産声をあげます。

5/30 明日 土曜日の見学会が楽しみです。

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

ラブ☆スカイの
無敵の投資スキームを紹介

ここからラブスカイが推奨する
投資家として成功するための方法を
詳細にご紹介します。

〇不動産投資スキーム

税込み年収400万以上で

①中心都市の新築木造アパート

又は、新築シェアハウス

どちらか1棟、属性により

できれば複数棟契約

②属性により値引き80万円なので、

実質頭金10万円で、

2500万の早期繰り上げ返済用

都心マンション1戸契約

③頭金10万で、1500万中古

区分マンションを2戸同時買いし、

15年後売却し、キャピタルゲインを狙う

④ラブ☆スカイの親友のハーツ植西社長に

直接頼めば
頭金はゼロで、資産背景により

1億円(約10戸)~6億円(約50戸)の

地方中古RCマンション1棟丸ごと契約!

という流れで実践していきます。

〇海外年金口座(積立)

日本国内の年金積立は、もちろん

円建てですが、

海外年金口座は、毎月ドル建てで

年金を積立を積み立てる保険です。

積み立てる理由としては、

日本は現在、インフレに突き進んでいます。

10年前100円で購入できたコーラが今では130円です。

10年間で約30%の通貨価値下落ですね。

1億円を日本円で貯金していた方は、

現在額面こそ1億円のままですが

実際の通貨価値は約7000万円ということになります。

0.1%の定期で貯金している場合ではないと

思うんですよね。

また、日本の保険会社の年金積立だと

利回り1%程度だし

そもそも日本円建てだと、インフレが進んで

日本通貨価値が

下落したら一緒に積み立てたお金の価値も

下落しちゃうから意味がありません。

⇒続きを読む